MENU

当院の検査

当院の検査

着床不全(Recurrent Implantation Failure)

一般に、3回以上良好な胚(受精卵)の移植を繰り返しても妊娠しない場合、着床不全(Recurrent Implantation Failure)の可能性があります。
着床不全の多くは、胚によるものと考えられますが、その原因は多岐にわたり通常の不妊検査に加え様々な検査・治療が試みられています。

当院では、主に以下の検査を行っています。

慢性子宮内膜炎検査

慢性子宮内膜炎とは、月経では剥離しない子宮内膜の深い部分(基底層)に、慢性的に炎症が起こっている状態で、着床率が1/3に低下、そして妊娠初期の流産率が上昇すると報告があります。子宮内の細菌叢バランスが乱れることにより起こると考えられており、不妊症患者全体での2-3%、着床不全患者の30-60%の頻度で生じていると報告されています。そのため、着床不全患者に限定した場合に慢性子宮内膜炎の検査・診断は有用であると考えられます。

① 組織診

子宮内膜組織を少量採取し、慢性炎症の所見の有無を顕微鏡で病理学的に確認します。

② 遺伝子検査

ALICE(感染性慢性子宮内膜炎検査)
子宮内膜の慢性的な炎症の原因にかかわりが深い細菌の有無を遺伝子レベルで確認します。

EMMA(子宮内膜マイクロバイオーム検査)
子宮内腔の善玉菌であるラクトバチルス属の割合を含む、細菌叢バ ランスを遺伝子レベルで確認します。

炎症や細菌叢の乱れが判明した場合、抗生剤による治療やサプリメント等でバランスを整える治療が必要となります。

ERA(Endometrial Receptivity Analysis)

子宮内膜は、胚を受け入れる着床に適した時期(着床ウインドウ)があると報告されており、個人差があると考えられています。ERAは個々の着床ウインドウを約250個の発現遺伝子を解析することで明らかにする検査です。検査を受けた方の30%近くに着床ウインドウのずれを認めたと報告されています。
EMMA、ALICEと併せて行うこともできます。

着床ウインドウのずれが判明した場合、個々のずれに応じた時期に個別化された胚移植を行います。

ビタミン・ミネラル バランス検査

ビタミンやミネラルのバランスはIVFの成績や着床、流産に影響すると報告されています。

不足やバランスの乱れがある場合は、サプリメントによる補充をお勧めします。

免疫寛容の検査:Th1/2細胞

受精卵・胎児に対する母体側の拒絶反応が強い場合、妊娠維持がうまくいかなくなる可能性があり、これらの免疫バランスを評価する検査です。
拒絶反応を起こす可能性が高いと評価された場合、拒絶反応を抑えることで着床・妊娠維持が可能となるとの報告があります。

免疫抑制剤を用いて拒絶反応を抑えることで着床・妊娠維持を図ります。

受精卵側の問題の検査

PGT-A(Preimplantation Genetic Testing - Aneuploidy):着床前胚染色体異数性検査。
移植胚の全染色体の異数性(いわゆるトリソミーなどの数的異常)を調べる方法です。

正数性胚を移植することにより、流産率の低下や移植あたりの妊娠率の向上が期待されます。

PGT-Aは、反復体外受精・胚移植不成功例、習慣流産例、染色体構造異常例に対して日本産科婦人科学会が認可した施設で臨床研究として開始されました。

当院は臨床研究実施施設に承認され、本臨床研究への参加を開始しました。

不育症

妊娠はするが、流産や死産を繰り返し生児が得られない状態を不育症といいます。

妊娠の15-20%程度は流産におわるとされています。その原因の多くは胎児側にあり、50-70%は胎児の染色体異常によるといわれていますが、ほとんどの染色体異常は偶発的に起こるので、繰り返されることは稀ともいえます。
そのため、一般に2回以上の流産を繰り返した場合不育症が疑われ、精査が必要と判断された際は、連携施設(日本医科大学付属病院女性診療科)もしくは不育症専門施設へご紹介させていただきます。

なお、不育症治療が必要となった場合も、当院での不妊治療は並行して行っていただけますのでご安心ください。

また、流産がご夫婦の染色体構造異常(転座等)に起因して繰り返されたと判断された場合は、着床前診断(PGT-SR)の適応となり、染色体検査で異常がないと判断された受精卵を移植することにより流産率を低下させることが期待できます。

* 着床前診断
PGT-SR(Preimplantation Genetic Testing -Structural Rearrangement)染色体構造異常の着床前診断。
染色体転座などの構造異常を有する夫婦が流産を繰り返す場合に、胚の不均衡型染色体構造異常の有無を調べる方法です。

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)臨床研究のご案内

日本産科婦人科学会主導による、「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」が開始されました。
PGT-Aは、移植胚(胚盤胞)の全染色体の異数性(いわゆるトリソミーなどの数的異常)を調べる方法ですが、学会が提示した条件を満たした患者様を対象に臨床研究を実施します。

当院では、下記いずれか当てはまる患者様を対象としております。
① 反復ART不成功の患者様
② 反復流産の患者様

Preimplantation Genetic testing;PGTとは

現状の生殖補助医療では、受精卵の評価を主に形態的に行っています。しかし、これでは染色体の問題がない受精卵を判別することはできません。

近年、受精卵の一部の細胞を取り出し着床前胚遺伝学的検査( Preimplantation Genetic Testing ;PGT)を用い染色体の変化「染色体異常」の有無を調べ、問題ないと判断された受精卵を胚移植に用いることで、妊娠率の向上や流産率の低下を図り、患者様の負担を軽減することが期待されます。

PGTはその目的により、以下の3つに分けられます。

Preimplantation Genetic Testing for Aneuploidy;PGT-A
着床前胚染色体異数性検査。染色体の過不足を知ることができます。

Preimplantation Genetic Testing for Structural Rearragement;PGT-SR
染色体構造異常を原因として繰り返し流産する夫婦に対して、流産を回避する目的で行われる、着床前診断です。特定の染色体構造異常を診断する目的で行います。

Preimplantation Genetic Testing for Monogenic disorder;PGT-M
単一遺伝子の変異を原因とする遺伝的素因がある夫婦に対して、罹患(りかん)児の妊娠を回避する目的で行われる、着床前診断です。特定の遺伝子異常を診断する目的で行います。

今研究で実施する検査はPGT-Aとなります。

染色体の数的異常と流産の関係

妊娠22週より前に妊娠が終わることを「流産」といいます。
そのなかでも、妊娠12週未満の初期流産が8割以上を占め、初期流産の原因の大半が染色体の数的異常であることがわかっています。
よって、PGT-Aにより染色体の過不足がない受精卵を子宮に戻すことで、流産率の低下が期待されます。

染色体とは

受精卵には両親から受け継いだ遺伝情報を含む染色体が含まれており、人間は、23ペア46本の染色体を持っています。23組のうち1組は性別を決める性染色体で、女性はX染色体を2本持ち、男性はX染色体とY染色体を1本ずつ持っています。そのほかの22組の染色体は常染色体と呼ばれています。

染色体異常とは

染色体の異常には大きく2つに分けられます。
まず1つ目が、染色体の数が多い、少ないなどの数的異常です。トリソミー(ある染色体が 3本ある)やモノソミー(ある染色体が1本のみ)など があり、PGT-Aにより診断します。

2つ目は、染色体の形が変わる構造異常です。
複数の染色体に切断が生じ、交換して再結合したり、染色体の一部が欠損するなどがあります。ご夫婦が均衡型相互転座等の構造異常を保因している場合、受精卵の染色体に不均衡が生じる結果、流産となる可能性が生じます。これらはPGT-SRで診断します。

PGT-Aの方法

➀体外受精を行い胚盤胞まで成長した段階で、透明帯の一部にレーザーを照射し、約10µm開口します。

②開口後ヘルニア状に孵化してきたら、栄養外胚葉細胞を5-10細胞程度回収します。

③回収した栄養外胚葉を解析施設に輸送し、胚盤胞は、一旦凍結保存されます。

④検査結果報告までに約1ヵ月かかります。

PGT-Aの検査方法

次世代シーケンサ―;(Next Generation Sequencer:NGS)
胚盤胞から採取した一部の細胞を用いて染色体数の過不足を測定する検査です。
従来の方法より、膨大なデータを迅速かつ網羅的にゲノム解析を行うことが可能となりました。
また解像度(S/N比)がよく、より正確に解析結果を読み取れるようになりました。

上記のような検査結果の場合は着床しない、もしくは着床しても流産してしまうことが予測されるため、移植候補から除きます。

PGT-Aのメリット・デメリット

メリット
  • 受精卵の染色体数を評価し、数的異常を示す胚盤胞を移植候補から除くことにより、流産リスクの低減が期待されます。
  • 妊娠率の向上、生児を得るまでの時間の短縮が期待されます。 
デメリット
  • 検査のために細胞を採取することによる胚盤胞へのダメージで、流産、その他の児への影響がある可能性を否定できません。
  • 検査をしても染色体異常に起因しない流産を防ぐことはできません。
  • 検査を行うために必要な費用的負担が生じます。
注意点
  • 検査精度は100%ではないため、数的異常がある胚を移植に用いることで流産する可能性や、逆に赤ちゃんになったはずの胚が移植に用いられない可能性を否定できません。 (誤判定率5-15%)

PAGE TOP