体外受精・不妊治療専門 Shinjuku ART Clinic / 東京 新宿 生殖医療専門医制度 認定研修施設


トップページ > ご来院の方へ > 初めてご来院の方へ

初めてご来院の方へ

患者様へ重要なお知らせ

  • ビル停電について
    2017年12月10日(日)はビル停電の為、体外受精・胚移植のみ行います。通常診療は行いません。
    なお、ビル停電日の停電中も受精卵培養中の培養器にはバックアップ電源が供給されておりますので
    ご安心ください。凍結保存中の精子、受精卵についても影響はございません。

  • 年末年始の診療時間について
    2017年12月30日(土)~2018年1月3日(水)期間は午前診療(受付時間8:30~12:00)のみとなります。
    なお、体外受精は通常通り行います。

  • 初診の患者様に限り、WEBまたは電話での完全予約制となっております。
    初診予約希望の患者様は、こちらの初診予約ページをご覧ください。

    毎月1日午前0時より翌月末までの予約受付が可能となります。
    (例:10月1日に11月30日までの予約を受付開始します)
    (例:11月1日に12月31日までの予約を受付開始します)



    風疹抗体検査について

    2012年は風疹感染の流行が見られ、過去5年間で最も多い患者数が報告されました。風疹の増加傾向は数年持続することが知られており、妊娠中に感染すると胎児への影響が考えられる病気です。
    日本産婦人科学会からも挙児希望のために来院されたカップルへの風しん抗体検査実施と抗体未保有者あるいは抵抗体価保有者へのワクチン接種推奨の徹底の通知もありました。そのため風疹感染に対する抗体をお持ちでない方は、妊娠前にワクチン接種することが望ましいと思われます。
    治療開始まで少し時間が空く方は、予め風疹抗体検査ならびに風疹ワクチンの接種を済ませておくことをお勧めします。また風疹ワクチン接種を行った場合には、妊娠まで2カ月はあける必要がありますので、初診時にその旨お申し出ください。
    また当院でも風疹抗体検査は行えます。
    (※尚、ワクチン接種は当院では行えませんので、予めご理解ください)

    他院で不妊治療中の患者様へ

    現在治療周期の途中、又は内服中(不妊治療での内服薬)のお薬がある場合には、現時点では薬の影響を受けた状態の検査結果しか確認できません。
    当院の自然周期治療をご希望の患者様は、他院での内服薬を終了した次の生理周期以降にご来院下さい。
    万が一、ご不明な点がございましたら、当院までお問い合わせ下さい。

    初診時に必要なもの

    初診時に必要なものは次のとおりです。

    顔写真付の公的身分証明書 ご夫婦それぞれご来院時に、“運転免許証”、“パスポート”、“顔写真付の住民基本台帳カード”、“顔写真付の個人番号カード”(区・市役所で発行できます。参考:総務省 個人番号カードについて)のいずれかをご持参ください。外国籍の方は『在留カード』(在留カードを持っていない方は『パスポート』)をご持参ください。
    注意)有効期限以内のものを必ずご持参ください。
    健康保険証 ご夫婦それぞれ来院時に『健康保険証』が必要です。また、月初めの診療時にも、再度必要になります。ご夫婦の保険証の姓が異なる場合は、『戸籍謄本』(発行後3ヶ月以内のもの)を確認させていただきますのでご用意お願いします。お持ちでない方は、全診療が私費診療となります。
    外国籍で『健康保険証』をお持ちの方で、上記『顔写真付の公的身分証明書』と氏名が異なる場合(通称名をお持ちの方)は、『住民票』(発行後3ヶ月以内のもの)、『運転免許証』、『住民基本台帳カード』のいずれかで、両方の氏名が記載されているものも合わせてご準備ください。
    基礎体温表 測定している方だけで結構ですが、不妊治療には欠かせないものです。できましたら、明日からでも測ってお持ちください。
    紹介状 お持ちの方だけで結構です。過去の治療歴や検査結果が、今後の治療に役立ちます。
    血液検査
    データ
    他院で検査した1年以内の感染症データ(*1)
    血液型検査データ等
    問診表 ご家庭で印刷できる方はダウンロード・印刷し、事前に記入してお持ちください。少し待ち時間が短くなります。印刷できない方は、当院でご記入ください。
    PDF問診表(女性用)のダウンロード(4ページ:PDFファイル)
    PDF問診表(男性用)のダウンロード(1ページ:PDFファイル)

    (*1)当院では院内感染予防の目的で、初診の皆様方に感染症の採血・検査をさせていただいております。
    その際、前医での感染症のデータをお持ちであれば、ご提出ください。 1年以内のデータであれば有効ですが、原本またはそのコピーが必要になります。(手書きのものはお受けできません。)
    なお、初診当日にお持ちいただけない場合は、その後の診療上の都合により当院で採血・感染症検査をさせていただきますので、ご了承ください。
    ・HBs抗原(B型肝炎の検査)
    ・HCV抗体(C型肝炎の検査)
    ・HIV抗体(エイズの検査)
    ・RPR、TPHA(梅毒の検査)
    ・クラミジア IgA、IgG抗体
    感染症の血液検査の費用は10,767円となっております。(平成26年4月現在)

    初診時の料金

    奥様のみ最大で約20,000円、御夫婦で最大で約25,000円頂いております。
    検査・薬剤費用など、別途請求が発生することが御座います。
    体外受精費用については、治療費ページをご参照ください。

    その他

    当院までの交通アクセスについては、こちらのページをご参照ください。




    診療受付時間

    ▲このページのトップへ