体外受精・不妊治療専門 Shinjuku ART Clinic / 東京 新宿 生殖医療専門医制度 認定研修施設


トップページ > 当院の不妊治療 > 自然のちから

自然のちから

当院は、自然周期治療の中でも特に刺激を少なく身体にやさしい治療を心掛けています。
何故なら身体が選んでくれた卵は、最良の卵子である可能性が高いからです。
実際、一番大きくなれた卵胞、主席卵胞から得られた卵はもっとも妊娠が期待できます。
そして主席卵胞の卵が最良であるためには、良い卵子をちゃんと選んで大きくする
『自然のちから』が患者さんに備わっていることが不可欠です。
心配しなくても『自然のちから』はほとんどの患者さんに備わっています。

まず、あなたの『自然のちから』を信じてください。

ただし『自然のちから』を発揮するには、最適なホルモンバランスが必要です。
残念ながら卵巣内の卵子の数の減少に伴うホルモンバランスの乱れから『自然のちから』を発揮できなくなっている患者さんもいらっしゃいます。こういった患者さんの問題は『よい卵子がない』わけではなく『自然のちから』を発揮できていないことだと我々は考えています。

こういった場合でも『自然のちから』に『+アルファ』我々が少しお手伝いするだけで、卵巣の力を最大限に引き出すことができます。

より体にやさしく、自然と真剣に向かい合ったからこそできる治療があります。

当院の治療に対する考え方『自然のちから+アルファ』の詳細は、治療説明会もしくは初診時にお話させていただきます。

▲このページのトップへ